VMCのブログ詳細Blog

音楽がひろがる>ボーカルスクール音楽を本気の趣味にしよう

2019. 4. 16

【音楽コラムvol.01】上達の可能性を広げよう!

さて、そろそろちょっとずつコラムなんかを書いていこうと思います。
不定期更新になりますが、よろしければお付き合い下さい。

最初は、歌をうまくなるための心持ちの話。

みなさんレッスンに通い初めて意外と多いのが、
「自分の声はこういう声だから高い声はでない」
「かっこいい声が出したいけど自分の声はかっこよくないから無理だ」
なんて、自分の可能性を自分でつぶしちゃっているパターン。

心当たりありません?
声って産まれた時から決まっているって思ってませんか?

実はこれ大間違いです。
産まれた時の声ってみんな「オギャー」ですよね?
あの時の声って本能的なものなんです。
当たり前ですけど、大人になってもあの声で喋ってる人っていないですよね。
大人になってから出してる声って後天的なものです。つまりあとから作られたもの。
理論的には、およそ人間の出す声はちゃんとトレース出来るように出来てるはずです。
(女性が男性の声を出すのは難しいのですが、これはまた追々)

じゃあどうやって声って形作られるのか。
例えば親が喋る声、テレビでよく聞く喋り方。
そんなのを聞きながら喋る方法を学んでいくわけですーーほとんどは親の喋り方に近くなるはずです。
(もちろん声帯の形、骨格なんかによって出しやすい声とかはありますが差異なんて些細なもんです)

つまり、あとからでも声って変えられるんですよ。時間はかかりますけどね。
それを訓練するのが歌のレッスンだと僕は思ってます。

何がいいたいかって言うと、「声って生まれつきのものじゃないので後からでも変えられるんですよー」
ってことです。

現にうちに来た生徒の大半は1,2回のレッスンでもいままで出なかった声が出せるようになってます。
音域も広がります。
大体は「変な声」とか「自分の声じゃないみたい」ってなるので、
一人で練習してても「それが正解と思えない」のが難しいところなんですけどね。
そういうときに正しいのかどうかを教えてもらうのって必要です。
声を聴いてもらって評価してもらうってほんとに効果的なんですよ。こういうの自分じゃ絶対わからない。

「自分ってこんな声だからきれいに歌うの難しいだろうな」なんて諦める前に
音程を合わせるとかリズムをしっかり取る前に、自分の声のこともっと知れるといいなって思います。
自分で自分の可能性をつぶすようなことはしないように出来たらいいなって思います。

というわけで一回目、こんな感じで。
今後も不定期でいろいろ話していこうと思います。
ネタが尽きないように小出しに小出しに(笑)

今後もゆるっと肩ひじ張らずに思ってることを投稿していこうと思いますので、
みなさんも質問などあればTwitterやメールなどでメッセージお願いします!

こんなことが知りたいとかもぜひぜひ!

では! また次回!
佐藤でした!

神奈川県相模原市の音楽教室
【VMCミュージックスクール】



相模原市・南区・相模大野駅のミュージックスクールVMC

住所
〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野7-14-9
グリーンシティビル2階
営業時間
平日11:00~20:00 (最終レッスン19:00〜)
休校日
日・月・祝
最寄駅
最寄駅:相模原市・南区・相模大野駅
一覧へ戻る
ページトップ